アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
衣類を綺麗にする
洗濯物を干す

衣類を綺麗にする方法は、家庭で洗濯を行うかクリーニング店に出して綺麗にしてもらうものの2つの方法があります。
洗濯といっても手洗いで行うものから洗濯機を使って行うものなどがありますが、家事労働では手洗い洗濯は重労働であるため、殆どの場合には洗濯機を使用しています。
洗濯機は安いものでは2万円台からありランニングコストから言えば洗濯機で行う方が安くなります。
また近年は乾燥機の機能を付与した洗濯乾燥機があり、乾燥まで一つの機械で行ってくれるものもあります。
一方であくまでも洗濯や乾燥を行うだけですので、収納するさいには折りたたみは手でしなければなりません。
また衣類によっては洗濯機で洗濯できないものもあり、下手に洗濯すると縮んでしまうものもあります。
その点で、専門に行っているクリーニング店では、確実に衣類を綺麗にしてくれるメリットがあります。

料金は、衣類の種類によって大きく変わります。
またキャンペーン中などには通常時の半額になる場合もあります。
一般的には紳士服のスーツ上下では、1000円から上は6000円ほどで、コートは1500円から8000円ほど。
女性のジャケットでは1000円程度から3000円、スカートやセーターは800円から2000円ほどとなっています。
また追加料金を支払うことで発水加工を行ったり染み抜きを行ったりすることができます。
また今までは街のお店に持ち込むのが一般的でしたが、預けに行ったり取りに行ったりといった手間もあり、近年は宅配によるサービスも登場しており、数量が多い場合にはお得に利用することができます。
しかし業者が多くあり、値段もそれぞれ異なるため比較サイトなどを使って調べておくのが無難です。

クリーニングを生業とする人たちの歴史は、古く江戸時代にまで遡ることができます。
都市人口が増えるとあらゆる仕事が分業化されていく中で衣類の洗濯を専門にする職業が登場したのです。
彼らは単に洗濯をするだけでなく染み抜きなどの技術を持ち、衣類を可能な限り綺麗にすることを仕事としていました。
明治に入ると石鹸が登場し、大正時代には専用の機械が登場するなどします。
特に水を使わず、有機溶剤を使って行う洗濯方法は、それまで水を吸って線維が縮んでしまう現象を最小限にし、また油汚れをよく落とすメリットがあり画期的な洗濯の方法でした。
特にこの方法は一般家庭では容易には行えないため、お店でしかできない方法となっています。
高度成長期に入ると多くのお店が登場しますが、衣類の値段が下がったことや洗濯機の高性能化などがあり減少傾向にあります。

オススメリンク

確認する女性

利用前に料金を確認する

サービスを申し込む際、最も重要になってくるのがやはり「料金」でしょう。
シャツと布団ではもちろん料金は違い…Read more

洗濯が難しいもの

洗濯が難しいものはプロへ

最近では洋服に使用される材料などもかなり種類が増えてきたので、どうしても洗濯の際には不安になってしまうことがありま…Read more

宅配サービス

宅配サービスを賢く活用

衣類のクリーニング業者と言えば殆どの人が、町の一角にある店やスーパーなどに隣接して店を構えている業者を思い浮かべる…Read more

関連リンク